貸主登録

貸主物件.com

貸主物件.comコラム

【やまへん雨はない】

ごきげんさまです。秋子です。
世間の女性と違わず、朝の秋子は忙しい。

今朝はもえるゴミの日。我が家にはモノは少ないが、ゴミ箱は比較的多いと思う。私はそれぞれのゴミ箱の中身を一箇所に集める作業が嫌いではない。いや…むしろ好きかも♥
その小さな作業一つ一つに、プチ達成感を感じて自分がご機嫌になっていくから、好きなんだと思う。

皆が起きてくる前にトイレに行った。そこには便が残ったままだった(>_<)。我が家のトイレは年に何回か詰まる。どうやら今日はその日のよぅだ。もちろん大きめのシュポシュポ?(←なんて言うんだ•́ω•̀)?)はすぐに出動出来るように万全だが、私はその取り扱いが相当下手で、何度やっても詰まりが取れるどころか、汚物がジワジワと散らばり広がるんだ。誰のう〇ち…いや、犯人探しはさておき、いつも当たり前に気持ちよくトイレを使えていることは実は当たり前ではないのだなと、感謝せずにはいられなかった。トイレの神様【烏枢沙摩明王(ウスサマミョウオウ)様】に合掌(-∧-)アリガトゴザイマスル。

換気扇をまわしながら何度かトライするが、暖簾に腕押し?状態で、不器用な自分に笑けてきた( -᷄ ω -᷅ )ヤレヤレ   思考は20数年前にとんだ。息子たちを出産する時、分娩台で、イキむのがどうしても上手く出来ずに、まるで今日の手応えのないシュポシュポみたいだった。(←赤ちゃんと う〇こを一緒にした?)私、看護師なのに…助産師さんも先生も呆れてる…とまさに出産の途中に力無く思ったのを覚えてる。ちゃんとやりたいのに、出来ない💦

【苦手】と【嫌い】は違う。私は卵の殻を向いたり、パッケージや菓子袋を開けたりする事が苦手。ハサミという文明の利器を使えば、簡単に開けられるものでも、ちょっと手で…と思うから余計にややこしくするんだ。

あぁ。話が脱線してしまった。朝食を食べ終えた夫に、トイレの詰まりを解消してもらった。「え?何回で出来たん?すごーい!助かったぁ。ありがとう(*´꒳`ノノ゙☆パチパチ」私が夫にいう「ありがとう」の中では、一番気持ちの入った最上級の感謝だ。夫が居てくれて良かったと思う。
夫に合唱(*´○`)o¶♪…いゃ、合掌(-人-)アリガトアリガト。この事は、もちろんご仏壇のご先祖さまにも報告しておこう。(笑)