貸主登録

貸主物件.com

貸主物件.comコラム

FIREを達成する為の節約方法 車編

FIREを達成する為の節約方法を一つ一つご紹介していきます。

今回は、人生の5大支出、家・車・保険・教育・老後の中の車です。

公共交通機関が発達している都市部では、電車・バスを使い、車を持たないという一択でしょう。自転車、徒歩、バイクでもよいですね。

問題は、地方都市です。

1家に1台ではなく、1人1台、用途によっては+軽トラなんてご家族もあるでしょう。(軽トラは農家さん等で必須ですので所有は仕方ないかもしれません)

まず、基本は軽四に乗りましょう。この選択肢以外ありえないです。

ただ、子供が数人いる場合には、ファミリーカーが必須になってきます。

できれば所有は1台にしたいので、お父さんはバイクか自転車で通勤、家にファミリーカー置いて、奥様は仕事や買い物、送り迎えで車を使うのが理想でしょう。

そして選ぶのは、やはり国産車。壊れないです。

13年超えると税金あがりますが、古い車でも壊れないんだから多少税金高くなっても乗り続けるべきですね。

目指せ走行距離20万キロ。ハイエースなんかだと余裕でしょう。シート外して、子供の自転車載せたり、釣り道具やキャンプ道具積んだり、なんならコット置けば車中泊可能。趣味にも使えて長く乗れる最強の車ではないでしょうか?

軽四だと、モデルチェンジが少ない・下取りも割と高いとなると、ジムニーでしょうか。結構古いジムニーでも100万とかしますよね。今の新車も高いけど。

輸入車は、本当にFIREには邪魔になります。しっかり儲けてから買いましょう。まず、壊れますし、いちいち部品が高額です。一部の特殊な車を除いて、下取り価格が極端に安いでしょう。

車が趣味で人生の一番の必要な物だという方は輸入車でも良いと思いますが、たぶんそんな感じの人はFIREには向いていません。ミニマリストとFIREは似ている感じがするので。

在宅ワークになると外出も少ないので、そもそも車もあまり乗らない事が多いです。

なにか用事がある時は、ホンダのカブで行動するのが、一番良いでしょう。新車から30年は乗れるでしょうし。カブだと古い型式でもかっこいいですしね。

基本は軽四とバイク。

子供が多い場合には、ハイエースなどの用途が多い下取り価格が高い車を選ぶ様にしましょう。

物件登録はこちらから